頼久寺庭園 −高梁市頼久寺町−
 足利尊氏が諸国に命じて建立させた安国寺の1つです。作庭は,関ヶ原の合戦後,備中奉行となった小堀正次の子・政一(遠州)の手によります。遠州は,二条城の二の丸庭園などでも有名ですね。

頼久寺正面

庭園
 後ろの愛宕山が借景

さつき
  大波をあらわす

白砂 海をあらわす
 小堀氏がこの地に来た当時,備中兵乱で備中松山城が荒廃していたため,最初,この寺を政庁としながら,城の修築とふもとの御根小屋を整備しました。このお寺には戦国時代の備中兵乱で滅びた三村氏三代(家親,元親,勝法師丸のお墓もあります。  

 鶴と亀

      三村氏三代の墓 左より家親,元親,勝法師丸